PR

ニュース 社会

西部邁さんとは公私の深い付き合い 自殺10日前に対談も 自殺幇助容疑の2人 

Messenger

 一方、青山容疑者が番組への考え方を尋ねると、西部さんは番組の編集担当者である窪田容疑者の名前を挙げて「立派な人」とした上で、番組のスタッフやゲストと酒を酌み交わし、議論することの大切さを説いていた。

 東京MXテレビの関係者は窪田容疑者について「西部さんをとても慕っていた」と打ち明ける。現場に残された家族や知人に宛てた遺書も、窪田容疑者が手の不自由な西部さんのためにパソコンで代筆したものとみられている。

 「先生の死生観を尊重し、力になりたかった」「20年以上お世話になった先生のために、やらなければならないと思った」-。2人は自殺幇助容疑を認め、動機についてこう供述しているという。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ