PR

ニュース 社会

【陸自イラク日報問題】情報公開の意識希薄、大臣指示も不徹底

Messenger

 日報は直後の同3月27日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題を受けた特別防衛監察の過程で、教訓課の外付けハードディスクから見つかった。その事実は、稲田氏や内部部局、統合幕僚監部など陸自外には報告されなかった。

 山崎氏によると、教訓課長は「イラク日報が国会で問題になっているとの認識がなかった」「(本来の)調査対象ではなかった」と報告しなかった理由を説明しているという。

 では、「日報発見」という事実は陸自内でどこまで共有されていたのか。発見時点では教訓課長ら数人だったとされるが、その後の広がりは明らかになっていない。

 山崎氏は「研究本部から誰かが陸上幕僚監部に報告した可能性もあるし、報告を受けて陸幕から指示をした可能性も残っている」として、報告や指示の流れに関し、予断を持たずに調査する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ