PR

ニュース 社会

【陸自イラク日報問題】情報公開の意識希薄、大臣指示も不徹底

イラク派遣時の日報問題について会見する、陸上自衛隊の山崎幸二幕僚長=5日午後、東京都新宿区の防衛省(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報問題は、陸自が昨年3月末に日報の存在を把握したにもかかわらず、なぜ小野寺五典防衛相への報告までに1年を要したのかが最大の解明のポイントになる。意図的な隠蔽の可能性もあるが、山崎幸二陸上幕僚長が5日の記者会見で行った説明からは少なくとも、防衛相による重要な指示が末端まで徹底されなかった問題や、情報公開への意識も希薄だった実態が浮かび上がる。(千葉倫之)

 そもそもイラク日報の存否が問題化したのは昨年2月だった。野党議員の質問や資料要求に対し、防衛省はいったん「不存在」と答弁した。当時の稲田朋美防衛相は同2月22日に改めて探索を指示し、陸自研究本部(現・教育訓練研究本部)も対象となったが、同本部は同3月10日に「不存在」と回答していた。

 この調査では、後に日報が見つかった外付けハードディスクは調べておらず、徹底性を欠いていたとの批判は免れない。当時の担当者らは「防衛相の指示で捜索しているという意識はなかった」と説明しているといい、山崎氏は「大臣指示が末端まで及んでいなかったのは極めて大きな問題だ」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ