PR

ニュース 社会

特別指導は「プレゼント」 東京労働局長、昨年会見で

東京労働局で記者の質問に答える勝田智明局長=2日、東京都千代田区
Messenger

 厚生労働省東京労働局の勝田智明局長が、昨年12月の定例記者会見で裁量労働制の違法適用で野村不動産を特別指導したと発表する直前、記者に「プレゼントもう行く? じゃ、やろっか」と発言していたことが4日、厚労省が作成した会見録で分かった。特別指導を報道発表したことを記者への「プレゼント」と表現したとも受け取られかねない発言だ。

 特別指導は、同社で社員が過労自殺したことを受けて実施したとみられる。当時、勝田局長は過労自殺を把握していた可能性が高く、野党や過労死遺族は批判を強めている。

 勝田局長は、昨年12月1日の会見で「次回はプレゼントがある」と発言。同月26日の会見で「プレゼントの中身は」と質問した記者に対し「プレゼントもう行く? じゃ、やろっか」と応え「プレゼントというほどいい話じゃないんですけど」と断った上で特別指導を発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ