PR

ニュース 社会

「短期大学」と称す窃盗グループで犯行繰り返す 男子大学生2人を逮捕 警視庁

Messenger

 埼玉県富士見市のスポーツ用品店からダウンジャケットなど約5万円相当の衣料品を盗んだとして、警視庁少年事件課は、窃盗の疑いで、19歳の川口市在住の男子大学生2人を逮捕した。ともに「間違いない」と容疑を認めている。

 同課によると、2人は昨年秋、高校の同級生ら4人と「短期大学」と称する窃盗グループを結成。関東周辺のショッピングセンターなどで衣料品の万引を繰り返していた。盗品はフリーマーケットアプリ「メルカリ」などで転売していた。

 逮捕された2人のうち1人がグループのリーダー格で、平成28年春ごろから同様の犯行を重ねていた。これまでに盗んだ衣料品は300点に及び、転売で約370万円の不正な利益を得ていた疑いがあるという。

 2人の逮捕容疑は今年1月8日午後2時ごろ、富士見市のショッピングセンター内のスポーツ用品店からダウンジャケットなど2点(計4万9680円相当)を盗んだとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ