PR

ニュース 社会

「処置に困った」女を逮捕 新生児の遺体遺棄の疑い

Messenger

 前橋市の老人保健施設前で紙袋に入った新生児の遺体が見つかった事件で、群馬県警前橋署などは4日、出産した新生児を置き去りにしたとして、死体遺棄の疑いで、住所不定の無職、小林千秋容疑者(42)を逮捕した。調べに対し、「処置に困り、供養してほしかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は1日午後6時半ごろ、同市内の公園トイレで出産した新生児の遺体を紙袋に入れ、同市上新田町の老人保健施設の裏口に遺棄したとしている。

 同署によると、司法解剖で新生児の死因は判明しなかった。小林容疑者は「出産時に死んでいた」と供述している。

 防犯カメラの映像解析などで小林容疑者が浮上。3日深夜、同市内のインターネットカフェで身柄を確保した。

 小林容疑者は独身で、妊娠に気付いていたが、産婦人科で受診していなかった。「家族や友人、誰にも知られたくなかった」と供述しているという。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ