PR

ニュース 社会

【座間9遺体】白石隆浩容疑者を移送 鑑定留置で

警視庁に入る、白石隆浩容疑者を乗せたとみられる車=3日午後、東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
Messenger

 神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高尾署捜査本部は3日、殺人容疑などで逮捕された無職、白石隆浩容疑者(27)の身柄を、留置先の立川署から警視庁本部に移した。事件当時の精神状態を調べるため東京地検立川支部が2日に鑑定留置を求め、東京地裁立川支部が認めた。関係者によると、鑑定留置の期間は約5カ月。

 白石容疑者を乗せた車は3日午後0時半ごろ、前後を別の車両にはさまれて立川署を出発した。車は午後1時半ごろ、警視庁に到着。報道陣の多数のカメラが向けられたが、後部座席はカーテンで遮られ、白石容疑者の様子はうかがい知れなかった。

 捜査本部はこれまで、男女9人に対する殺人や死体遺棄などの疑いで、白石容疑者を計10回逮捕している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ