PR

ニュース 社会

善光寺の小松玄澄貫主、解任 セクハラ問題、辞令届く

善光寺の小松玄澄貫主=長野市
Messenger

 善光寺(長野市)を共同運営する天台宗側の「大勧進」は31日、職員への差別的発言やセクハラの問題があるとして信徒らに罷免要求されていた大勧進トップの小松玄澄(げんちょう)貫主(84)を、天台宗務庁(大津市)が同日付で解任したと発表した。解任の辞令が31日、善光寺に届いたという。

 小松貫主は3月に貫主の地位確認などを求める仮処分を大津地裁に申し立てており、取材に「解任は納得できない。申し立ての結果を見て対応を検討したい」と話した。

 大勧進によると、4月からは当面、副住職が貫主の職務に当たる。記者会見した大勧進の春日英広筆頭総代は「辞令が出てほっとしている。多くの方にご心配やご迷惑をおかけした。新体制で再出発したい」と述べた。

 小松貫主は罷免要求後の昨年12月、天台宗務庁の宗務総長に辞任届を提出したが、「セクハラなどの事実はない」として今年2月に撤回する文書を送付していた。善光寺は天台宗の「大勧進」と浄土宗の「大本願」が共同運営している。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ