PR

ニュース 社会

データは1年前のCTだった…群馬大病院、診断報告書を誤認 がんの治療遅れ男性死亡

会見で謝罪する群馬大病院の田村遵一病院長(左から2番目)ら=30日、前橋市(吉原実撮影)
Messenger

 群馬大病院(前橋市)は30日、呼吸器外科の担当医が1年前に作成されたコンピューター断層撮影(CT)の診断報告書を最新のものと誤認したまま70代の男性患者を診察し、胆管がんの治療が遅れたと発表した。他の医師が診断から8カ月後の昨年3月、誤認した可能性に気付いたが、男性は同10月にがんの進行で死亡した。病院側は担当医を処分しないとしている。

 病院によると、男性は10年以上前に胸部の悪性腫瘍手術を受け、再発することなく、呼吸器外科に半年に1回通っていたという。胸部と肝臓の一部を撮影するCT検査を年1回のペースで受けていたが、担当医は平成28年7月の診察時に、誤って前年の報告書を基に診断した。

 正規の報告書は肝臓付近に悪性腫瘍がある可能性を指摘していた。病院側は誤認について、「不注意は不注意だが、大きな過失ではない」との認識を示した。

 男性が昨年3月、他の診療科で胃の痛みを訴え、検査を受けたところ、同5月に胆管がんの診断が確定した。がんは「手術できない状態」(病院側)まで進行していたという。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ