PR

ニュース 社会

パズドラの宣伝、ガンホーに課徴金5千万円 消費者庁、景品表示法違反

Messenger

 消費者庁は28日、人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」内のキャラクター購入を巡り、インターネット番組内の宣伝が景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、ゲーム大手「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」に5020万円の課徴金納付を命令した。

 課徴金は約1億円となるはずだったが、ガンホー側が消費者庁の調査開始前に違反を自主報告したため、減免された。

 消費者庁によると、平成28年11月~29年2月、有料の電子くじ「ガチャ」で入手できるパズドラのキャラ「モンスター」13体全てが、ゲームで強くなる「究極進化」をするかのように宣伝したが、実際には2体のみ究極進化できる仕様になっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ