PR

ニュース 社会

【那須雪崩事故1年】追悼式 大田原高校生徒会長「亡くなった友人が誇りに思えるように」

Messenger
追悼式後、取材に応じた際、頭を下げた栃木県高体連関係者=27日、栃木県那須町湯本のなす高原自然の家
追悼式後、取材に応じた際、頭を下げた栃木県高体連関係者=27日、栃木県那須町湯本のなす高原自然の家

 昨年3月、栃木県那須町で登山講習中、高校生と教諭の計8人が死亡した雪崩事故から1年となる27日、同町の県立なす高原自然の家で追悼式が開かれ、高校生、講習会を主催した県高校体育連盟関係者ら約130人が出席した。事故発生現場を望める場所から、犠牲になった8人を追悼した。

 式では、犠牲者を出した大田原高校2年で生徒会長の荒井涼雅さん(17)が「悲しみと教訓を決して忘れず、胸に強く刻みつけ、亡くなった友人らが誇りに思えるよう強く生きていきたい」と述べた。

 福田富一知事は「亡くなられた方々の無念さ、最愛の家族を失われた遺族の悲しみに思うと、痛惜の念にたえない」と哀悼の意を表し、「那須の山々を愛したみなさんの思いにむくいるためにも山から学ぶことをやめてはいけない」と再発防止策に全力で取り組むことを誓った。

 終了後、昨年の講習会に参加した教員らが記者団の取材に応じた。講習会の訓練内容を決めた県高校体育連盟登山専門部の猪瀬修一前委員長は「愛する生徒や信頼する同僚を失い、本当にどうしていいか分からない。本当に申し訳ない」と謝罪した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ