PR

ニュース 社会

ロシアで火災、37人死亡 商業施設、子供含む64人不明

25日、ロシア・ケメロボのショッピングセンターで発生した火災(タス=共同)
Messenger

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア・西シベリアのケメロボにある4階建て大型ショッピングセンター(SC)で25日午後5時(日本時間同日午後7時)頃、火災が発生し、少なくとも37人が死亡した。非常事態省は41人の子供を含む64人の行方が分かっていないとしており、救出作業を急いでいる。映画館など娯楽施設の入居する4階から出火したとみられている。

 26日未明までに約1600平方メートルが焼けて鎮火したが、建物の一部で崩落の恐れがあり、現場での作業は難航している。負傷者は80人以上にのぼった。

 ケメロボは人口約56万人の都市で、石炭産業の盛んなケメロボ州の州都。

 現場のSCは同市中心部で2013年から営業しており、スーパーマーケットや各種店舗のほか、映画館やトランポリン・ルームなどの娯楽施設が入居している。出火当時は家族連れでにぎわっていた。

 捜査当局は出火原因について、放火や電気配線の異常を視野に調べを進めている。プーチン大統領は25日夜、遺族に弔意を示し、関係当局が消火・救出作業と遺族の支援に全力を尽くすよう指示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ