PR

ニュース 社会

新燃岳で小規模火砕流 17年10月の噴火観測後初

Messenger

 気象庁は25日、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)で同日午前8時45分ごろに噴火が起き、火山灰や火山ガスからなるごく小規模な火砕流が生じたと発表した。火砕流発生は、約6年ぶりに噴火を観測した2017年10月以降では初めて。

 気象庁によると、火砕流は火口から西側へ半径約800メートル先まで下った。同庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持。2キロ圏で火砕流、3キロ圏で大きな噴石に警戒するよう呼び掛けている。

 火砕流に先立ち、同日午前7時35分ごろに爆発的噴火も起きた。今月15日以来10日ぶり。噴煙は一時、火口上約3200メートルの高さまで上がった。

 火口の北西で9日に確認された溶岩流は、当初と比べて約80メートル流れ下った。今後の爆発的噴火で一部が崩れれば、小規模な火砕流になる可能性があるという。

 宮崎、鹿児島両県によると、火砕流を確認した範囲に居住区域はなく、けが人や家屋損壊などの被害情報は寄せられていない。

 火口西側の鹿児島県霧島市は「現地を確認したが、心配した山火事などは生じていなかった」としており、これまで通りの警戒を続ける方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ