PR

ニュース 社会

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】元朝日新聞記者、植村隆氏の記者会見詳報(2)

3月23日、弁論後に記者会見する元朝日新聞記者の植村隆氏=札幌市の司法クラブ(杉浦美香撮影)
Messenger

前のニュース

 ■伊藤誠一弁護士

 この裁判がはじまって、今日、最大の山場だった。この間の双方のやりとりは証拠のつきあわせのなかで、名誉毀損の訴訟だが、新聞記者が署名入り記事をかくのがどういうことなのか、真っ正面から問われるという訴訟になっている。たとえば、植村さんが尋問にこたえてくれたが、彼が書いた一行一句を問われて答えなければならない。非常に厳しい職業だな。

 植村さんの正当性、取材の正確性というのが間違っていないんだというのをサポートし、手の内をいうと、櫻井さんもジャーナリストと言ったので、過去の過去の言動と今日の言動との間の落差はないのか、と調査することについても、ジャーナリストの人たちが植村さんを支えてくれ、ここに使わせていただいた。弁護団代表、事務局長もいるが、名誉毀損という訴訟だが、ジャーナリズムとはなにかということ、新聞記者が署名記事をかくということを厳しく問われる訴訟になっている。

 論点は、いろいろあったようにみえたが、ここにきて、もう、被告の主張は、挺身隊と慰安婦イコールだとか、混同はどうでもいい。金学順という(慰安婦と)カミングアウトした人が、その数日前にテープで独白したわけだが、そのテープで自分は、女子挺身隊の名のもとに戦場に連行された、とはいっていない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ