産経ニュース

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】櫻井よしこ氏記者会見要旨(3完)

ニュース 社会

記事詳細

更新

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】
櫻井よしこ氏記者会見要旨(3完)

記者会見する櫻井よしこ氏、右は林いづみ弁護士=23日、札幌市内 記者会見する櫻井よしこ氏、右は林いづみ弁護士=23日、札幌市内

前のニュース

 --金学順氏が名乗り出るより前に朝鮮人の元慰安婦として1984年にノスボク氏がタイで、70年代後半に沖縄でペポンギ氏が名乗り出た。このあたりのインパクトと金学順氏のインパクトは違うということか。

 ■櫻井よしこ氏

 韓国で慰安婦という意味が挺身隊という言葉によって表現されていたことは事実としてあると思う。ただし、これも92年段階の話だが、西岡(力)氏らが韓国に取材に行き、お年寄りらに話を聞くと、挺身隊と慰安婦が同じでないと韓国でも知っている人はかなりたくさんいた。韓国で挺身隊として働いた女性もたくさんいた。その人たちは、自分たちは慰安婦でないと、すごく挺対協について疑問を持っている。

 挺身隊だったと言っている女性がいたのも事実。その人たちは慰安婦ということを意味したのも事実。私が申し上げたのは、女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍兵士を相手に売春を強いられた。その具体的な生き残りの朝鮮人従軍慰安婦の一人がソウルにいたという記事。個別のことを言っている。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング