PR

ニュース 社会

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】櫻井よしこ氏記者会見要旨(2)

Messenger

 《朝日新聞は92年1月11日朝刊1面で「慰安所 軍関与示す資料」と報じた。朝日新聞はこの記事について「記者が情報の詳細を知った5日後に掲載され、宮沢首相の訪韓時期を狙ったわけではありません」と説明している》

 それまでは米国の主な新聞は、慰安婦のことをほとんど報道していなかったが、朝日新聞の報道以降、着実に増えていった。

 国際社会に広まると同時に、吉田氏の本がハングル語に翻訳されたとき、済州新聞の許(栄善)さんという女性記者がこんなひどいことを日本はしていたのか、許せないと、地元の済州島の村々を訪ねて調べた。そうしたら、当時のことを知るお年寄りたちが、何言っているんだ。そんなことあるはずがないじゃないか。こんな小さな、250軒ぐらいしかない村で10人や15人の女性がそんな風に連れていかれれば、大騒ぎとなる。みんなの記憶に残る。そんなことはなかった。

 女性の立場として、吉田氏が書いたことが本当だったら許せないと思うのは当たり前の話で、怒りを持って取材したら全く嘘であることがわかった。これが地元の新聞に載った。このことを知った(現代史家の)秦郁彦氏が済州島に取材に行き産経新聞に書いた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ