PR

ニュース 社会

大型バイクで時速239キロ 33歳会社員を書類送検 ダッジ・チャレンジャーの40代男超える速度違反

男が時速279キロで走行した大型バイク「トライアンフ デイトナ675SE」=23日、千葉市稲毛区の県警高速隊(永田岳彦撮影)
Messenger

 千葉県木更津市と川崎市を結ぶ高速道路「東京湾アクアライン」(法定速度時速80キロ)を大型バイクに乗って時速239キロで走行したとして、千葉県警高速隊は23日、道交法違反(速度超過)の疑いで、同県柏市の会社員の男(33)を書類送検した。男はインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に走行中の動画を投稿しており、「高評価される動画が撮りたかった」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は、昨年5月24日午前3時50分ごろ、木更津市の東京湾アクアライン上り線で、時速239キロを出してバイクを運転したとしている。

 高速隊によると、バイクは英トライアンフ社製「デイトナ675」で排気量は670cc。男は走行中のスピードメーターを撮影し、ユーチューブに「最高速チャレンジ編」という名前で投稿。動画ではメーターは最高で279キロを記録していた。高速隊が動画を検証するなどの捜査を行っていた。

 今月1日には、東京都の中央自動車道の法定速度が時速100キロの区間を、米国製の「ダッジ・チャレンジャー」と呼ばれるスポーツカーで時速235キロで走行したとして、警視庁が同容疑で40代男を逮捕。スピード違反の摘発では、全国で最高の速度とみられていた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ