PR

ニュース 社会

後部座席に妻の遺体 自称無職の39歳男を逮捕 千葉県警、死体遺棄の疑い

Messenger

 妻の遺体を自分の車に乗せていたとして、千葉県警市原署は21日、死体遺棄の疑いで千葉市緑区あすみが丘の自称無職、小川大輔容疑者(39)を逮捕した。小川容疑者は容疑を認めている。

 逮捕容疑は、21日午後2時半ごろ、市原市五井南海岸で、乗用車の後部座席に妻の行恵さん(35)の遺体を遺棄したとしている。

 同署によると、同市の「市原市海釣り公園」の利用者から「柱にぶつけている不審な車がいる」と110番通報があり、駆けつけた同署員が小川容疑者の乗った車を発見。職務質問をしていたところ、後部座席に行恵さんの遺体を見つけた。小川容疑者は発見時、睡眠導入剤を大量に服用していたという。

 行恵さんの遺体に目立った外傷はないが、捜査関係者によると、小川容疑者は「首を絞めて殺した」などと殺害をほのめかす趣旨の供述もしているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ