産経ニュース

【座間9遺体】事件発覚への警戒心が次第に薄れ、隠蔽工作ずさんに 9人殺害の手口と全容判明

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
事件発覚への警戒心が次第に薄れ、隠蔽工作ずさんに 9人殺害の手口と全容判明

 神奈川県座間市のアパートで2カ月間に若い男女9人を次々と標的にし、自宅アパートに誘い込んでいた白石隆浩容疑者(27)。これまでの捜査で、9人の被害者との接点や殺害方法などの全容が明らかになり、犯行手口の共通点も見えてきた。一方で、その過程では事件が発覚することへの警戒心が次第に薄れていった様子もうかがえる。残忍な行為を繰り返した白石容疑者の心に、何が起きていたのか。

共通点

 白石容疑者は被害者らとツイッターで知り合い、「会ったその日に殺害した」と供述。警視庁が被害者の交通系ICカードや防犯カメラ、携帯電話の記録などから9人の最後の足取りを追跡したところ、多くの被害者が現場アパートに入ってから1日以内に、家族や知人との交信が途絶えていたことが判明した。

 殺害方法も一貫している。被害者を気絶させた上で箱に座らせ、ロフトのはしごに結びつけたロープで首をつるす。ロープなどの道具を、定期的に購入していた記録も確認された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 事件発覚への警戒心が次第に薄れ、隠蔽工作ずさんに 9人殺害の手口と全容判明

関連ニュース

「ニュース」のランキング