PR

ニュース 社会

【川崎老人ホーム転落死裁判】被告に死刑判決 「自白の信用性相当高い」 横浜地裁 

 今井隼人被告
Messenger

 川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で平成26年11月から12月にかけ、入所者3人が相次いで転落死した事件で、殺人罪に問われた元施設職員、今井隼人被告(25)の裁判員裁判の判決公判が22日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれた。渡辺裁判長は「自白の信用性は相当高いと認められる。情状の余地は認められず更正の可能性も期待できない」として、求刑通り死刑を言い渡した。

 自白の信用性が最大の焦点だった今回の裁判。今井被告は、神奈川県警に逮捕される直前の任意聴取や逮捕後には3人全員の殺害を認めていたが、その後は黙秘。公判前整理手続きで否認に転じていた。

 検察側は自白の信用性立証のため、県警による取り調べの様子を録音・録画した映像を法廷で放映。捜査員が自白を強要する場面は確認されず、今井被告は「殺そうと思って殺した」と手ぶりを交えて説明するなど殺害当時の様子を詳細に供述しており、検察側は「迫真性があって信用できる」としていた。

 一方、弁護側は「(取り調べの際に)圧迫感があり、自白を強要された」と全面無罪を主張。今井被告も最終陳述で「信じてください。何もやっていない」と訴えていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ