PR

ニュース 社会

相次ぐ小包爆発事件で容疑者の白人男自殺 米テキサスで今月5件発生

Messenger

 最初の爆発は2日にオースティンで発生。玄関先に置かれた小包に入ったパイプ爆弾が爆発し、黒人男性(39)が死亡した。

 12日には、同市内で2つの小包が相次いで爆発し、男子高校生(17)が死亡し、女性2人が負傷した。18日夜に同市で起きた4件目の爆発では、20代の白人男性2人が高級住宅地の道端に仕掛けられた爆弾で被害に遭った。ワイヤのようなものに足を引っ掛けたといい、暗闇で気付かなかったようだ。

 さらに、20日未明には同州サンアントニオ近郊にある物流大手「フェデックス」の物流センターで小包が爆発して従業員が負傷。殺傷能力を高めるためとみられる大量のくぎなどが入れられ、オースティン市内から市内の別の場所へ発送されていた。

 警察当局は配送記録などから容疑者を特定したとみられるが、共犯者の有無が不明なうえ、男が新たな爆弾を仕掛けていた可能性もあり、警戒を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ