PR

ニュース 社会

【川崎老人ホーム転落死公判】22日に地裁判決 自白の信用性など争点

今井隼人被告
Messenger

 川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で平成26年11~12月、入所者の男女3人が転落死した事件で、3件の殺人罪に問われ死刑を求刑された元施設職員、今井隼人被告(25)に対する裁判員裁判判決公判が22日、横浜地裁で開かれる。今年1月から21回を重ねた公判で今井被告は無罪を主張した。犯行を裏付ける決定的な物証はなく、最大の争点は自白の信用性。裁判員の判断が注目される。

「強要された」と訴え

 今井被告は神奈川県警の任意聴取時や殺人容疑での逮捕直後の段階で、「本当のことを話さないといけないと思った」などと供述、3人全員の殺害を認めた。その後黙秘し、公判前整理手続きで否認に転じた。検察側は自白の信用性を立証するため、県警による取り調べの様子を撮影した映像を法廷で流した。捜査員が威圧的な態度を取ったり、自白を強要したりする場面はなく、今井被告は「殺そうと思って殺した」と手ぶりを交えて説明。被害者を持ち上げた際に「重心が傾いて軽くなったので手を離した」とも話し、検察側は「迫真性があって信用できる」とした。

 一方、公判では今井被告は捜査員から執拗な取り調べを受け、虚偽の自白をしたと主張。「(捜査員の)機嫌を損ねたくなかったので自分の知識や勤務経験から想像して供述した」とし、「自白は強要されたもの」と訴えた。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ