PR

ニュース 社会

【東日本大震災7年】「除染、趣旨にそぐわず」技能実習生従事で政府

Messenger

 外国人技能実習生として来日したベトナム人男性が、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染作業に従事していた問題で、政府は16日、事実関係を確認中とした上で「技能実習制度の趣旨にそぐわない」との答弁書を閣議決定した。上川陽子法相も閣議後記者会見で「実習内容として除染作業は一律に認めない。類似事案があるかも含めて実態調査したい」と述べた。

 答弁書は、立憲民主党の逢坂誠二氏の質問主意書に対するもので「今後、除染作業を行う旨の計画認定申請があった場合、基準に適合しないと判断する」とも言及した。

 また環境省は16日、男性が、被災建物の解体作業に関して同省支給の手当の一部しか受け取っていなかったと主張していることについて調査を始めたと明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ