PR

ニュース 社会

原発避難者訴訟「事故防げた」、東京地裁も国と東電に賠償命令 国敗訴は4例目

Messenger

 原告の大半は避難指示区域外からの自主避難者。水野裁判長は「放射性物質などで健康被害の危険があるとして避難した判断は合理的」とし、原則として23年12月までの避難に事故との因果関係を認めた。18歳未満の子供や妊婦がいる世帯については、24年8月の避難まで合理性を認めた。

 判決を受け、原告らは東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「前進した判決だ」と喜びの声を上げた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ