PR

ニュース 社会

「暖を取りたかった」白石城のベンチ燃やす 20~22歳の男性3人を書類送検 宮城県警

Messenger

 再建された白石城があることなどで有名な宮城県白石市の益岡公園内にある「白石城・歴史探訪ミュージアム」の木製ベンチを焼損させたとして、宮城県警白石署は15日、器物損壊容疑で市内の男性会社員(20)ら20~22歳の男性3人を書類送検したと発表した。同署によると「暖を取りたかった」などといずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年1月23日午後10時5分ごろからの約35分間、ミュージアムの木製ベンチの上でトイレットペーパーなどを燃やし、ベンチを焼損させたとしている。

 同署によると3人は遊び仲間。周辺の監視カメラなどから3人を特定し、事情を聴いたところ、容疑を認めたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ