PR

ニュース 社会

小3男児がコンピューターウイルスを作成、ネット提供 3人を児相通告 神奈川

Messenger

 動画投稿サイトを参考に作ったコンピューターウイルスを誰でも無料でダウンロードできる状態にしたとして、神奈川県警が昨年12月、不正指令電磁的記録提供などの非行内容で、大阪府の小学3年の男子児童(9)を児童相談所に通告していたことが15日、県警への取材で分かった。

 このウイルスをダウンロードしたとして、東京都の小4の男児(9)と、山梨県の小5の男児(11)も通告した。

 県警によると、大阪府の男児は昨年5~6月、作成したウイルスをインターネット上にアップロードし、同6月に東京都と山梨県の男児がダウンロードしたとしている。

 男児らは「友達を驚かせたかった」などと話している。ウイルスが使われた形跡はなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ