PR

ニュース 社会

【オウム死刑囚】移送7人は新実智光、林泰男、早川紀代秀、井上嘉浩、岡崎一明、横山真人、中川智正の各死刑囚

Messenger

 多数の共犯死刑囚を分散させて収容するのは、主に(1)死刑囚の心理面への配慮(2)拘置所側の負担軽減-があるとされる。

 (1)については、拘置所内の死刑囚を収容する場所が狭いので、共犯者が先に執行された場合、そのことを残された死刑囚が知り動揺するリスクがあるため。(2)は同日に執行することになった場合、拘置所側にかかる執行の負担が大きすぎるためだという。同日執行の場合、近年は一つの拘置所で2人までしか執行されていない。

 一連のオウム真理教事件では、教団関係者約190人が起訴され、麻原死刑囚ら13人の死刑のほか、6人の無期懲役が確定している。今年1月に元信者、高橋克也受刑者(59)の無期懲役が確定し、全ての裁判が終結した。

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ