PR

ニュース 社会

巡査の拳銃自殺、提訴の両親「嫌がらせの相談されていた」 神奈川県警「パワハラなどなかった」

Messenger

 一方、複数の捜査関係者によると、遺書は自殺をわびるような趣旨の内容で、休み明けには古関さんから上司らに対して「頑張ります」との言葉があったという。ある捜査関係者は「本人からも『頑張ります』との言葉があった。地域課員である以上、拳銃の携帯は欠かせなかった」と説明。署員らに対する事情聴取でも「パワーハラスメントなどの事実は確認されなかった」としている。

 訴訟を受け、県警は「訴状を見ていないのでコメントは差し控える」とした。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ