PR

ニュース 社会

【東日本大震災7年】追悼式での安倍晋三首相式辞全文「被災者お一人お一人が置かれた状況に寄り添いながら切れ目のない支援に力を注ぐ」

Messenger

 本日ここに、秋篠宮同妃両殿下のご臨席を仰ぎ、「東日本大震災 7周年追悼式」を挙行するにあたり、政府を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。

 かけがえのない多くの命が失われ、東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から、7年の歳月が流れました。

 最愛のご家族やご親族、ご友人を失われた方々のお気持ちを思うと、いまなお哀惜の念に堪えません。ここに改めて、衷心より哀悼の誠をささげます。また、被災された全ての方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

 7年の歳月が流れ、被災地では復興が一歩ずつ着実に進展しております。地震・津波被災地域では、生活に密着したインフラの復旧はほぼ終了し、住まいの再建も今春までに9割が完成する見通しであります。

 原発事故によって大きな被害を受けた福島の被災地域では、避難指示が順次解除され、また、帰還困難区域においても特定復興再生拠点の整備が動き出しました。

 しかしながら、いまなお7万人を超える方々が避難され、7年間にも及ぶ長期にわたって不自由な生活を送られている方もいらっしゃいます。ふるさとに戻る見通しが立っていない方々も数多くおられます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ