PR

ニュース 社会

【東日本大震災7年】〈そして、志す(5)〉)「地域住民の安全守る」 中学2年の志貫き警察官に 宮城県警岩沼署増田交番勤務の川越樹巡査(21)

岩沼署増田交番に勤務する川越樹巡査。震災を機に志した警察官になり、街の治安を守っている=宮城県名取市(塔野岡剛撮影)
Messenger

 宮城県東松島市に暮らす中学2年生はあの日、卒業式の準備を終え、教室で帰宅の用意をしていた。午後2時46分。猛烈な揺れが襲った。「海が近いから水(津波)が来る」。とっさに頭に浮かんだが、まさかあんなにも大きな津波が押し寄せるとは想像もしていなかった。

 県警岩沼署増田交番に勤務する川越樹巡査(21)は当時を振り返る。

 2階の教室に避難した。1時間半ほどで水は1階の天井の高さまで達した。みるみるかさを増す水。「死」が頭をよぎった。

 一命は取り留めたが、「家族はどうしているだろうか」と不安にさいなまれた。「大丈夫」と自分に言い聞かせ、カーテンを布団代わりに暖を取り、家族の迎えを待った。 

 姉が学校に迎えに来たのは震災発生から3日後だった。母も無事。父は県外に単身赴任中で難を逃れた。

 しかし、祖母が津波に流され、犠牲となった。震災から約2週間後、遺体安置所で見つかったと聞かされた。小学生のとき、運動会を見に来てくれた。声援を送るでもなく、じっと静かに観客席で見守っていた。

 「来てくれたんだ」。声をかけると、にっこり優しい笑顔になった。一番の思い出だ。幼稚園からの幼なじみも、一緒に生徒会活動をしていた友人も犠牲になったと知った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ