PR

ニュース 社会

過去最大規模の危険ドラッグ押収事件 貯蔵容疑で指示役の男逮捕 警視庁

押収した危険ドラッグや原料など=10日午後、警視庁練馬署
Messenger

 東京都練馬区のアパートの一室で危険ドラッグ約185キロ(約36億円相当)が見つかり、医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)容疑で男6人らが逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策5課は10日、同法違反容疑で新たに指示役の住所、職業不詳、沖山潮容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は、既に逮捕された男らと共謀して、平成28年6月8日、アパートの一室で、指定薬物を含む危険ドラッグや原料計約185キロを販売目的で保管したとしている。

 組対5課によると、沖山容疑者は「販売目的で持っていたわけではない」と容疑を否認している。

 危険ドラッグの一度の押収量としては過去最大規模。同課は沖山容疑者がグループの指示役で、海外から密輸した原料で危険ドラッグを製造、このアパートの一室に保管して、インターネットなどで販売していたとみている。

 同課は今年1月に米谷勝己被告(35)=同法違反罪で起訴=ら男6人を、2月に別の男1人を逮捕しており、事件での逮捕者は8人目。沖山容疑者と米谷被告を除く6人は、3月7日までに処分保留で釈放された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ