PR

ニュース 社会

民泊に男性遺体 外国人か 東京・世田谷

Messenger

 9日午後6時10分ごろ、東京都世田谷区池尻の民家で「人が倒れている」と110番通報があり、駆けつけた警察官が男性の遺体を発見した。民家は2階建てで1階を民泊として貸し出しており、遺体は1階の廊下で見つかった。警視庁世田谷署が遺体の身元の確認を急ぐとともに、男性が死亡した経緯を慎重に調べている。

 同署によると、男性は30歳くらいで、外国人とみられる。目立った外傷はなく、Tシャツに下着姿で横向きに倒れていた。トイレや床に血を拭いたような形跡があり、1階の玄関は施錠されていた。

 民泊を利用しようと訪れた女性が遺体を発見し、通行人の男性を通じて通報した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ