PR

ニュース 社会

【国税庁長官辞任】佐川宣寿長官一問一答「国会対応、丁寧さ欠いた」

麻生財務相に辞任を受理され、囲み取材に応じる佐川宣寿国税庁長官=9日、東京都千代田区(春名中撮影)
Messenger

 佐川宣寿氏が9日夜、報道陣の取材に応じた際の主な一問一答は次の通り。

    

 「理財局長時代の国会対応に丁寧さを欠き、国会審議の混乱を招いたこと、行政文書の管理について指摘を受けたこと、(森友学園に関する財務省の)決裁文書の国会提出時の担当局長であったことを踏まえ退職したいと大臣に伝えた。今回処分を受けたことや確定申告期間中の辞職となったことをおわび申し上げる」

 --国有地売却に携わっていた近畿財務局の職員が自殺したことについて

 「本当に残念だ。心からご冥福をお祈りしたい」

 --悔いが残るところは

 「国会でずいぶん私の答弁に時間を使い、文書管理についても批判をいただいたので反省すべき点はあったと思う」

 --担当局長だったときに書き換えたのではとの指摘もあるが、当時の認識は

 「捜査を受けている立場なので差し控えたい」

 --特定の政党などへの忖度(そんたく)はあったのか

 「忖度とはどういう意味か。国会での質問には誠実に対応したと思っている。国有財産の処分に関する質問には『法律、ルールに基づいて管理してきた』と答弁してきた」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ