PR

ニュース 社会

【国税庁長官辞任】森友学園への国有地売却を巡る財務省前理財局長、佐川宣寿氏の語録

政府の持ち回り閣議で辞任が決まり、厳しい表情で財務大臣室へ向かう佐川宣寿国税庁長官=9日夜、財務省
Messenger

 「面会などの記録の保存期間は1年未満。本件は16年6月の売買契約締結をもって事案が終了しているので、記録は廃棄している」(29年2月24日、衆院財務金融委員会で)

 「近畿財務局と学園の間では、さまざまな、その時々でのやりとりはあったと考えている。面会記録は残っていない」(3月1日、参院予算委員会で)

 「政治家の関与は一切ない。口頭でやりとりしただけで、面会記録はない」(3月2日、参院予算委員会で)

 「価格についてこちらから提示したこともないし、先方からいくらで買いたいといった希望があったこともない」(3月15日、衆院財務金融委員会)

 「これまでの経験を生かして、国税当局に課された課題に取り組んでいきたいと考えている」(8月8日、国税庁長官就任後、記者会見を開かず、発表したコメント)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ