PR

ニュース 社会

差別発言疑惑の善光寺・小松玄澄貫主が反撃 住職ら11人を告訴…辞意も撤回

小松玄澄貫主
Messenger

 善光寺大勧進(長野市)の小松玄澄(げんちょう)貫主(84)が女性職員に差別的な発言をしたとされる問題で、小松貫主は9日、虚偽の情報を流し辞任に追い込もうとしたとして、業務妨害などの罪で、善光寺天台宗一山の一部住職ら11人に対する告訴状を長野地検に提出した。

 告訴状の提出後、弁護士とともに市内で記者会見に臨んだ小松貫主は「告訴は残念だが、人権無視の現状に耐えられない。善光寺を正常化するという大役を全うしたい」と語った。問題を受けて辞任の意向を示していたが、辞意は撤回するとした。

 業務妨害で告訴した理由として「一部住職らから根拠がない誹謗(ひぼう)、中傷を受けたこと」「権限のない関係者から約1年半にわたり本堂への昇堂を禁止されたこと」などを挙げた。

 小松貫主は、差別とされる発言問題が平成28年6月に発覚して以降、自身の発言を否定する一方、昇堂や大勧進での務めを自粛していた。この間、大勧進の25院でつくる一山と信徒有志らは、辞任を求めていた。

 だが今年1月、天台宗務庁(大津市)と協議した上、法要などへの復帰を表明。その際、自身の進退について「しかるべき時期に後進に譲りたい」としていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ