PR

ニュース 社会

【東日本大震災7年】〈そして、志す(3〉)「お前の親父がやっていた仕事だぞ」甥に託す弟の思い 元教師の漁師 阿部優一郎(47)

いつか、長男と甥と、この海に出たい。阿部優一郎さんはそう話し、海を眺めた=石巻市雄勝町(林修太郎撮影)
Messenger

 「この子が大きくなるまで、『漁師になる選択肢』を残しておく」

 元高校教諭、いまはギンザケ養殖の漁師は考える。生活は苦しいかもしれない。けれど、歯を食いしばってでも、「お前の親父がやっていた仕事だぞ」と、甥(おい)に伝えられる日まで。彼の両親がもういないことすら、まだ話せないでいるのに。

 石巻市雄勝町で20代続く漁家。継ぐ気はなどなかった。20歳でアメリカの大学に飛び、卒業後は英語教師に。留学を志望する教え子に英語を叩き込んだ。充実感があった。「一生、先生をやるんだろうな」。自然にそう思っていた。

 3月11日のひどい揺れ。不安がよぎったが、当時いた福島県に、雄勝町の情報はなかなか届かなかった。寸断された道を縫って、やっとたどり着いたのは、変わり果てた故郷。弟の遺体はすぐに見つかった。親戚を助けにいった末、津波に巻き込まれたと聞いた。弟の妻は自宅から10キロ離れたところで発見された。母はいまも見つかっていない。無事だったのは、父と弟の息子だけだった。

 母を捜しに、福島から通いつめた。「まだ、どこかにいるかもしれない」。高校教諭の職は3月末に辞め、漁師をやろうと決めた。親を手伝って以来、20年ぶり。不安だったが、甥にバトンを渡したかった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ