PR

ニュース 社会

【東日本大震災7年】「東北の野球の聖地に」 宮城・南三陸の球場、夏の甲子園予選会場に

昨年リニューアルオープンした「平成の森しおかぜ球場」。今夏、全国高校野球選手権大会の宮城大会が開催される(宮城県南三陸町提供)
Messenger

 東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた宮城県南三陸町の「平成の森しおかぜ球場」が、平成30年の第100回全国高校野球選手権宮城大会の会場として使用される。これまで仙台市や石巻市、大崎市などを会場に行われており、同球場で夏の予選が開催されるのは初めて。昨年リニューアルした球場で高校球児の熱戦が繰り広げられ、その観戦客による震災復興の後押しが期待されている。

 同町生涯学習課によると、球場は両翼90メートル、センター120メートル。3年にオープンした。7年には宿泊施設が完成。寒冷地ながら積雪の少ない立地とあって、青森山田高など東北地方の野球強豪校に合宿所として利用されてきた。

 震災では壁が損壊する被害を受けたが、機能を維持し、被災者の避難所やボランティアの宿泊所としての役割を果たしてきた。

 29年6月には、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)を管理する阪神園芸(同市)などによる大規模なリニューアルが行われた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ