PR

ニュース 社会

【リニア入札談合】大林元副社長、中堅に圧力 「JV組むな」鹿島受注を支援

リニア中央新幹線「小野路非常口他」の工事現場 =東京都町田市(大竹直樹撮影)
Messenger

 リニア中央新幹線建設工事をめぐるゼネコン大手4社による談合事件で、大林組の元副社長(67)が、東京の中堅ゼネコン担当者に対し、東京都町田市の非常口新設工事の受注を目指す準大手ゼネコンとは共同企業体(JV)を組まないよう要求していたことが5日、関係者への取材で分かった。入札を見送らせ、鹿島建設の受注を確実にするためだったとみられる。

 大林組元副社長は、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で東京地検特捜部に逮捕された大成建設元常務執行役員の大川孝容疑者(67)と早大理工学部の同級生で、大川容疑者とともに今回の事件で中心的役割を果たしたとみられている。

 関係者によると、大林組元副社長は中堅ゼネコンの担当者に対し、独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」(JRTT)が発注した「小野路非常口他」工事について、準大手ゼネコンの社名を挙げ、「入札ではあの社とはJVを組まないように」などと迫ったという。

 この非常口工事は、圧縮空気を送り込んで地下水を排除しながら掘削するなどの工法が指定されており、JVを組むことができる中堅ゼネコンは事実上数社に限られていたという。このため、この中堅ゼネコンが元副社長の要求に従いJV不参加を決めれば、準大手ゼネコンは入札参加が困難になるところだった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ