PR

ニュース 社会

【リニア入札談合】鹿島部長、大成元常務らに入札撤退意向伝達 公正な競争を阻害か 東京地検特捜部

Messenger

 入札は、JR東海が施工方法などを総合評価して参加業者を指名する「指名競争見積方式」で行われ、指名されたのは「スーパーゼネコン」と呼ばれる大手4社のみだったという。

 大沢容疑者と大川容疑者は大林組の元副社長らとともに、JR東海との打ち合わせ後などに都内の飲食店で会合を開き工法などに関する情報を交換。受注業者を決めていたとみられる。

 大沢容疑者と大川容疑者はいずれも、各社間の情報交換は認める一方、容疑を否認しているという。

 鹿島幹部も大沢容疑者について「情報収集の担当で、工事受注の権限はなかった」として、受注調整への関与を否定している。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ