産経ニュース

佐川宣寿長官の宿泊状況を提示 国税庁、都内に2泊

ニュース 社会

記事詳細

更新


佐川宣寿長官の宿泊状況を提示 国税庁、都内に2泊

佐川宣寿氏(斎藤良雄撮影) 佐川宣寿氏(斎藤良雄撮影)

 森友学園問題をめぐる国会答弁が批判されている佐川宣寿国税庁長官が昨年7月の就任後、東京都内のホテルから公用車で登庁しているとの一部週刊誌報道を受け、国税庁は1日、佐川氏のホテル宿泊状況などに関する資料を参院予算委員会理事会に提示した。

 資料によると、佐川氏は1泊約8千円の都内のホテルに2泊し、官房機密費からの支出はなく、自費で支払ったとしている。泊まった場所や時期は不明。

 確定申告が始まった2月16日には、森友側との交渉記録を「廃棄した」と答弁した佐川氏への抗議活動が各地で行われた。資料では、佐川氏が前日15日から3日間、仙台国税局管内を視察していた。

 2月の公用車の運行日誌も提示されたが、行き先や利用目的は不明。運転手の人件費やガソリン代・維持費など国税庁本庁の公用車に関する平成29年度当初予算額は約9400万円。

「ニュース」のランキング