PR

ニュース 社会

あおり運転でゴミ収集車横転 容疑の52歳の会社員を逮捕 

Messenger

 横浜市の横浜横須賀道路で1月、急減速し後ろの車を横転させたとして、神奈川県警交通捜査課は28日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの容疑で、横浜市旭区四季美台の会社員、李義之(り・ぎし)容疑者(52)=韓国籍=を逮捕した。「そんなことはしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、1月13日午前11時半ごろ、同市保土ケ谷区狩場町の横浜横須賀道路下り線で、普通乗用車を運転し、左車線を走っていた男性会社員(35)=同市港南区東芹が谷=運転のごみ収集車の前に割り込み急減速して進路を妨害。避けようとした収集車を横転させたなどとしている。男性は全治2週間の軽傷を負った。

 同課によると、事故前、進路を譲ろうとした収集車が左車線に入ったところ、同時に左車線に入った李容疑者の車の進路をふさぐ形になったことから、李容疑者が収集車を約2キロにわたってあおるように運転していたという。付近の防犯カメラの映像などから李容疑者が浮上した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ