産経ニュース

米軍にF16飛行停止要請、国に漁業補償も タンク投棄で青森県東北町

ニュース 社会

記事詳細

更新


米軍にF16飛行停止要請、国に漁業補償も タンク投棄で青森県東北町

米軍のF16戦闘機=平成29年8月、青森県の三沢基地 米軍のF16戦闘機=平成29年8月、青森県の三沢基地

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を投棄したことを受け、蛯名鉱治東北町長は21日、エンジントラブルの原因が究明されるまで、F16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れたことを明らかにした。

 町長によると、米軍三沢基地のスコット・ジョーブ司令官と20日に面会した際に申し入れた。蛯名町長は「町には漁師が多い。一歩間違えれば大惨事だった」と不快感を表明した。

 町は21日、対策会議を開き、小川原湖で漁をする漁業者に補償するよう国などに求めることや、漁業者の生活を守る方策を検討することを決めた。蛯名町長は「被害額や休漁日数が決まり次第、補償について最善を尽くす」と話した。

 F16戦闘機は20日、離陸直後にエンジン火災を起こし、燃料タンクを投棄した。タンクとみられる物体はシジミ漁船から200~400メートルの距離に落下。小川原湖漁業協同組合は、燃料の油が回収されるまでの間、湖での漁を全面的に見合わせることを決めた。

このニュースの写真

  • 米軍にF16飛行停止要請、国に漁業補償も タンク投棄で青森県東北町
  • 米軍にF16飛行停止要請、国に漁業補償も タンク投棄で青森県東北町
  • 米軍にF16飛行停止要請、国に漁業補償も タンク投棄で青森県東北町

関連ニュース

「ニュース」のランキング