産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


千葉・松戸の銃撃事件で稲川会系組長らを逮捕

 昨年5月、千葉県松戸市の国道で、オートバイに乗った男が走行中のワゴン車に拳銃数発を発砲し、乗っていた暴力団関係者とみられる男性1人が負傷した事件で、松戸署捜査本部は19日、指定暴力団稲川会系組長で柏市の自称無職、伊澤隆志容疑者(47)を詐欺と銃刀法違反の容疑で、20~49歳の男女計6人を犯人隠避などの容疑で逮捕、千葉地検に送検したと発表した。また、捜査本部は新たに、稲川会系幹部の男を指名手配した。

 逮捕容疑は、伊澤容疑者は昨年5月、暴力団員であることを隠して乗用車を借りたほか、今月18日には拳銃1丁と弾丸6発を所持していた。男女6人は、犯行に使ったオートバイの偽造ナンバーを手配したほか、伊澤容疑者の逃走を手助けするなどしたとしている。

 捜査本部は、事件の背景に暴力団関係者同士のトラブルがあるとみて、事件の全容解明を進めている。

「ニュース」のランキング