産経ニュース

【熊谷6人殺害】妻子3人を殺害された男性の意見陳述詳報(2) 「3人を見て、本当に動かない、会話が二度とできないのか」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【熊谷6人殺害】
妻子3人を殺害された男性の意見陳述詳報(2) 「3人を見て、本当に動かない、会話が二度とできないのか」

ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告

 その後、2日くらいたって、お通夜と告別式を行いました。葬儀屋さんが、妻の遺体を棺に入れました。春花は、妻の兄が棺に入れました。葬儀屋さんから「美咲ちゃんはお父さんがどうぞ」と言われ、私が抱きかかえて棺に入れました。その時、美咲の重さを全身で受け止めながら、父親として抱っこしてあげられるのはこれが最後だと思うと、抱っこしたまま棺におろしたくない、このまま時間が止まってくれたら、という気持ちでいっぱいでした。

 喪主は、一人残された私でした。私の仕事関係や近所の人たち、妻の友達、娘達の小学校の子供たちもたくさん来てくれて、とても悲しんでいる様子でした。泣いている子供たちがたくさんいて、折り紙などを棺に入れてくれました。

 私は、喪主としてこの葬儀をつつがなく終わらせなければならないと思い、そのことで精いっぱいで、具体的なことはあまり記憶がありません。

 私の母は、嫁と孫を失ったショックだと思いますが、事件直後に倒れて入院し、葬儀にも参列できませんでした。今でも後遺症があります。私の両親にとっても、妻の両親にとっても、美咲と春花はたった2人の孫でした。今はもう孫はいなくなってしまいました。そして、妻の友達や娘たちの友達、学校関係者など、妻と娘を知る多くの人がみんな、悲しみに暮れました。今でもこの事件は、私たちのことを知る多くの人の心の傷になっているのです。

関連ニュース

「ニュース」のランキング