産経ニュース

熊谷6人殺害 検察、死刑求刑 弁護側は無罪主張

ニュース 社会

記事詳細

更新


熊谷6人殺害 検察、死刑求刑 弁護側は無罪主張

ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告

 埼玉県熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判論告求刑公判が19日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれ、検察側は「極めて残虐で冷酷非道」と死刑を求刑した。判決は3月9日に言い渡される予定。

 責任能力の有無が主な争点。検察側は論告で、ナカダ被告が遺体を隠したり、血痕を拭い取ったりしたことなどから責任能力があると主張。「全く落ち度のない他人の生命を害することで、利欲目的を達することなど到底許されない」と指弾した。

 一方で、弁護側は「心神喪失で処罰はできない」と無罪を主張した。

 論告に先立ち、妻の加藤美和子さん(41)と長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)=年齢はいずれも当時=を亡くした男性(45)が意見陳述し「被告は反省どころか最低限の礼儀すら尽くしていない。怒りを覚える」と述べた。

 起訴状によると、27年9月14~16日、金品を奪う目的で住宅3軒に侵入し、田崎稔さん(55)、妻の美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤さん母子の計6人=同=を包丁で刺すなどして殺害したとされる。

「ニュース」のランキング