産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


日本海側、大雪に警戒 気象庁、13日にかけて

雪がちらつき始めた福井市で、雪が残る歩道を歩く人たち=11日 雪がちらつき始めた福井市で、雪が残る歩道を歩く人たち=11日

 気象庁は12日、強い冬型の気圧配置が続く影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に、13日にかけて大雪への警戒を呼び掛けた。交通への影響や雪崩にも注意が必要で、北陸は高波、北海道は局地的に猛吹雪となる恐れもある。

 気象庁によると、北陸の上空約5千メートルに氷点下36度以下、北日本の上空約5千メートルには同42度以下の寒気が流れ込んだ。強い冬型の気圧配置は13日にかけて続く見込み。

 13日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北陸と東海70センチ、東北60センチ、近畿50センチ、北海道と中国地方40センチ、関東甲信と四国、九州北部30センチ。

 北陸の海上では12日昼前にかけて非常に強い風が吹き、大しけとなる見込みで、12日に予想される波の高さは6メートル。

「ニュース」のランキング