産経ニュース

【熊谷6人殺害事件公判】「天使が落ちてきた」「猫が私に言った」 熊谷6人殺害裁判でペルー人被告が意味不明発言

ニュース 社会

記事詳細

更新

【熊谷6人殺害事件公判】
「天使が落ちてきた」「猫が私に言った」 熊谷6人殺害裁判でペルー人被告が意味不明発言

 熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判第9回公判が9日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれた。ナカダ被告は被告人質問で、弁護人から人を殺害したことがあるかと問われ「覚えていません」と5回繰り返した。「天使が落ちてきた」「猫が私に言った」など意味不明な発言もあった。

 ナカダ被告は上下黒のスエット姿。終始うつむいていた。弁護人から「人を殺したことを覚えていないのか」と問われたナカダ被告は「覚えておりません。分かりますか」と答え、弁護人に「話を続けてください」と促されると、「おもしろかった」とささやくように繰り返した。

 また、ナカダ被告の姉が証人尋問で来た際に、ナカダ被告が「何が起きたのか思い出した。今分かった。人の肉を食べさせられた。私は豚肉だと思って食べていたけれど、あれは人間の肉だった。今になってわかりました」と発言していたことについて、弁護人に真意を問われると「猫が私に言った」と答えた。

 公判の途中で「耳鳴りがする」と言い出し、弁護側に「どうして耳鳴りがするか教えてください」と問われると、「だって全部夢でしたから。そして天使が落ちてきた」「白い空が見ることができた」などと天井を見上げながら意味不明な回答をした。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング