産経ニュース

強制わいせつの逗子市議辞職、1審で有罪 神奈川

ニュース 社会

記事詳細

更新


強制わいせつの逗子市議辞職、1審で有罪 神奈川

 神奈川県逗子市議会事務局は、強制わいせつ罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた毛呂武史市議(49)が辞職したと発表した。毛呂市議が辞職届を出し、議長が許可した。

 毛呂市議は1月、同僚市議だった女性(55)の体を触るなどしたとして、横浜地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡された。即日控訴している。

 市議会事務局によると、毛呂被告は平成14年に初当選し、4期目だった。女性は昨年8月に議員辞職した。

「ニュース」のランキング