産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


メインローター 飛行中に破損か 陸自ヘリ墜落

陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの4枚の羽根をつなぐメインローターヘッド(中央)。上の丸形のものはレーダー 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの4枚の羽根をつなぐメインローターヘッド(中央)。上の丸形のものはレーダー

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落、炎上した事故で、陸自は8日、現場の住宅から4枚の羽根をつなぐメインローター(主回転翼)ヘッドを回収した。南東約500メートルの水路で見つかった羽根1枚にこの部品の一部が残っており、陸自は何らかの不具合が生じ、飛行中に破損・分離した可能性があるとみて詳しく調べる。

 山崎幸二陸上幕僚長は同日の定例記者会見で「突然揚力を失って墜落する通常では考えられない事故だ」とし、原因として空中でメインローターが破損した可能性も「あると思う」と述べた。

 防衛省関係者によると、メインローターヘッドは機体上部の回転軸に取り付けられ、エンジンの動力を羽根に伝える役割を果たす。今回、交換した後に事故が起きた。

 陸自は7日から住宅敷地内にある機体の回収作業を本格的に開始。8日朝にメインローターヘッドを重機でつり上げ、回収した。

「ニュース」のランキング