産経ニュース

【首都直下型地震】上野で帰宅困難者対策訓練 留学生も参加

ニュース 社会

記事詳細

更新

【首都直下型地震】
上野で帰宅困難者対策訓練 留学生も参加

帰宅困難者対策訓練がおこなわれ、上野のアメ横商店街にしゃがみこむ帰宅困難者ら。デジタルサイネージで避難場所などの情報提供がされた=5日午前、東京都台東区(宮崎瑞穂撮影) 帰宅困難者対策訓練がおこなわれ、上野のアメ横商店街にしゃがみこむ帰宅困難者ら。デジタルサイネージで避難場所などの情報提供がされた=5日午前、東京都台東区(宮崎瑞穂撮影)

 首都直下型地震発生を想定して都は5日、台東区上野周辺で帰宅困難者への対策訓練を実施した。2020年東京五輪・パラリンピックを控えて増加している訪日旅行客への対応確認などのために、近隣の日本語学校の生徒らも参加した。平成23年の東日本大震災では、首都圏で500万人超が自宅に帰れなかったとされており、帰宅困難者対策は重要な課題となっている。

 訓練は東京湾北部を震源とするマグニチュード(M)7.3の地震が発生し、鉄道の運行停止の影響で、上野動物園やアメ横商店街など観光地が集まる上野駅周辺で多数の帰宅困難者が出たと想定して行われた。アメ横の大型ビジョンでは、日本語、英語、中国語などで避難場所への移動を案内、メガホン型翻訳機なども利用して訓練が進められた。約650人の参加者は周辺の美術館などに避難した。

 参加した日本語学校のネパール人留学生の男性(23)は「自分の国でも大きな地震があり、備えの重要性を感じた」と話した。

 高齢者や妊婦など「要配慮者」の帰宅支援のため、千葉県や埼玉県と連携し、バスで参加者を運ぶ訓練も実施した。

このニュースの写真

  • 上野で帰宅困難者対策訓練 留学生も参加
  • 上野で帰宅困難者対策訓練 留学生も参加

関連ニュース

「ニュース」のランキング